ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年08月19日

鎌鼬と人間

記憶とは、擦過傷のようなモノだと思っています。
意識、無意識関係なく。

前者はリストカットのようなモノで。
後者は、いつの間にか付いている傷のようなモノでしょうか。

どちらも、何かの拍子で沁みたりしますね。
そんなとき、それと関連した何かを思い出す……のかも、です←

そして、前者は刃を当てるごとに痛みを生じ。
痕がつき、思い出すことも多くなるかもしれません。

それは、刃を引いたときの痛みでしょうか。
それとも、流れる血液の熱さ、でしょうか。

手当てをしているときの、罪悪感でしょうか。
それとも……自らが生きていることへの、喜びでしょうか。

後者には、それほど思い起こすことがあるでしょうか。
いつ擦ったかな、やってしまったな、気を付けよう……くらいじゃないでしょうか。

……えぇ、例えが非常に悪いことは重々承知ですが。
僕にとって記憶とは、そのようなモノなのです。

印象深いことほど忘れないよ、なんて言うのですが。
言葉を選ばずその理由を言うと、上記のようになるのですよ。

自ら付けた傷からは、一入。
痛みも熱さも、包帯や消毒薬の匂いも、罪悪感も生きていることへの喜びも得られてしまうので。

あのとき自分は自分を傷付けたから次は、【××する(しない)】と決め易いんですよね。
それほど、想いが強くなるのです。

そしてまた……やっぱり、例えが悪いのですが。
リストカットをしたら、どうなるでしょうか。

初めて手首を切ったときのことも。
その後に決めたことも全て、思い出すことになる。

そして自らの中で、嫌悪や決意の念を強めるわけです。
そこまで行くと、忘れるほうが難しいのかもしれません。

……なんて。
ですから、記憶したいなら能動的に動くしかないのだと思うのです。

漫然と見て、聞いたモノは。
いつの間にかついた擦過傷のように、瘡蓋が剥げて数日したら忘れてしまうのです。

ですから、記憶をしたければ。
忘れるのが嫌であれば……自らの手首を……もう、いいですよね←

そして、もし忘れたいならば。
最初からそうしないこと、なのですよ。

……では、最初から何もしなくても痛みを引き起こすモノが近くにあって。
何が何でも覚えてしまうのであれば、どうしよう……ですか?

そんな鎌鼬からは、距離を置くべきです。
物理的にも、精神的にも。

そして、経済的にも完全に距離が置けると最高です。
それを目指してまずは生きることも、アリだと思うのです。

もしかしたら、その鎌鼬は思ったほか。
大したことのない存在になるかも、しれませんから。

RPGでよくあるような。
ちょっと触れたらバトルになることなく、勝手に消滅するような雑魚キャラになることだって大いにあるのです。

そうなってしまったら、占めたモノです。
あなたをいちばん束縛するモノはいなくなり、あとはあなたがゆっくりあなたになればいいのですから。

なんて、言ってみます。
……え、経験してきたみたいだって?

えぇ、もちろん。
僕はさらに成長してみせます、自らの憎悪すらも自然に浄化できるように、ね。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

黒幕設定についての戯言

黒幕に相当するキャラクターが。
(見た目)年端もいかない女の子、と言う設定が……とにかく、好きです。

……え、何言い出すんだコイツって?
なんですか、別にいいじゃないですか。

『ルーン使いの言の葉』はもともと。
こう言ったことを記録するために立ち上げたのですから。

違う、そうじゃないです。
誰が悲しくて欲望の捌け口を書き連ねるためにブログを立ち上げますか、怒りますよ?←

……えっと。
僕自身が思ったことや感じたことを、内省するため……と、言うことです。

勘違いしてはなりません。
劣情に近い欲情を列挙するために僕は1700近くの記事を書いてはいませんよ、捕まりますし()

……そろそろ、本題に入っていいですか?
いや、質問じゃなく確認です、えぇ……ダメって言った人、背後に気を付けてください?

さて、と。
年端もいかない女の子がラスボスないし黒幕って、なんかグッときませんか。

だって、実際にはまずあり得ないですよ。
そんな子が……黒幕だなんて。

年端もいかない女の子が黒幕になるには。
それ相応の原点と、動機と、純粋な欲求が必要だと思うのです。

周囲をさんざん振り回すわけですし。
場合によっては、(法的に言う善意悪意問わず)殺傷することも、あるわけですから。

そして、ここが重要なのですが。
年端もいかない女の子が、法的に言う善意での黒幕であればもう……萌えます、ね。

それが彼女の思うイケナイコト≠ニ分かったとき。
つまり、法的に言う悪意での黒幕となったとき。

彼女の心がどう揺さ振られるのか、はたまた揺さ振られないのか……
そこは、創作者の趣味趣向が大きく出るのだろうな、と思うのです。

その際に、壊れずに立ち向かう女の子も尊いですし。
壊れて完全に堕ちてしまう女の子も、それはそれで……と。

後者に至っては、完全に創作者の腕の見せ所かと思うのです。
彼女に救済はあるのか、それとも最後まで悪人(法的でなく一般的な意味で)のままなのか、と。

僕は、そう言った。
実際には純粋なモノの象徴であるモノが黒幕、と言うモノに弱いのです。

……実際、そうであってほしいとは決して思ったことはありません。
それはスプラッタ映画を作る監督が実際にスプラッタなことをしたい人だと思うくらいの、偏見です。

ですから、よろしいでしょうか。
僕はいちおう、現実と虚構がついているのですよ、勘違いしないよう……なんか言いましたか、夜道に気を付けてくださいね←

……うん、まぁ。
たまにはこんな戯言も、乙なモノでして←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

禁断、酩酊、治癒

明日は図書館へ行こうと思います。
先週の入り浸っていたときの快感が忘れられないので←

やるべきことに集中できますし。
何より自分の世界にどっぷり、浸かれますし。

なんて言うと。
大抵のかたから、同意を得られるのですが。

たまに、思うのです。
後者について、なぜ同意を得られるのだろうと。

自分の世界にどっぷり、浸かるのです。
本の世界にどっぷり、浸かるわけではありません。

相手の頭の中で、変換されてしまっているのかもしれませんね。
僕は実際のところ、本の世界に浸かっているわけではないのです。

ただ、本の世界を通じて。
自らの世界を内省し、修復し、再構築している……と、言うことなのですよ。

なぜなら、本の世界と言うのは。
あくまで、自らを通して得られたイデアのようなモノであるから。

……なんて。
僕はそう思うのですが。

果たして、他のかたが。
『本の世界=自分の世界』としてしまっているのか、否か。

もし、前者であれば……誤解のモトなので言葉通りに受け取ってほしいですし。
後者であれば……僕の自惚れに他ならないので、僕が誤解したことを全力で謝りたいですね。

そんなことを、思うのでした。
さてと……あぁ、明日は有斐閣Sシリーズの民法に於ける最終巻を〜通読しようっと。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする