ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年04月30日

等速直線運動する軌跡は

歳をとればとるほど。
時間の経過が早く感じる法則のことを。

『ジャネーの法則』なんて言いますが。
僕はあまり、感じない人なんですよね。

1年があっと言う間に過ぎたなぁ、と言う感覚がなく。
どちらかと言えばーーやっと1年経過したか、と言うような。

そんな感覚に、陥るのです。
それは、物心つく頃からそうでした。

……ただ。
これも昔からなのですが。

楽しいときには、あっと言う間に時間が過ぎていって。
つらいときには、時間が途方もないくらいに長く感じてくるのです。

それは、皆さんもーーあなたも、そうかもしれませんね。
上記のよう点の感情になっているときに、時間の感覚が変わらないと言うかたを僕はよく知らないので。

ただ、僕の場合は。
ジャネーの法則を体感したことがないので。

楽しいと、あっと言う間に人生が終わってしまう気がして。
幾許かの葛藤を、抱くのです。

自然と時間が早く感じられない僕にとって。
楽しんで歳を急速に重ねることは生命資源の浪費ではないだろうか、と。

大抵は、僕の思い過ごしですし。
だったらつらい思いをして現世に留まり続けていたいかと言えば、そんなことないわけでして。

それよりだったら、楽しんでいけばいいじゃないかって。
そう、思うのですが。

じゃあ、なにゆえ葛藤するのだろうと考えてみると。
ひどく拍子抜けするくらいに呆気なく人生を終えるのが嫌なんだろうと。

そう、今のところは結論づけている次第です。
ささくれ程度の障害物くらいはあってほしいと、どこかで思っているのかも。

そんなモノを期待せずとも。
生きている以上、舗装されきった路面ばかり歩けないのは間違いないのになぁって。

自らのマゾヒストさに、かなり呆れるのですが。
きっと、摩擦が欲しいんでしょうね……生きている心地がしてこないから。

なんて。
なんだ、けっこう楽しんでいるじゃないか、自分自身の人生をさ←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

親愛なるルーちゃんへ?

Have to≠謔閧熈Must≠伝えてくれる人を。
Must not≠謔閧熈Don't have to≠伝えてくれる人を。

僕は、いつだって。
好ましく、思うのです。

しなければならないと強いるのではなく、自発的にそう言った気持ちにさせる人。
むやみやたらに禁止するのではなく、する必要がないことを伝えてくれる人と言うのは。

僕の中では、理想中の理想です。
それは僕が、強いられたくない人だからかもしれません。

基本的に、自分自身がされたくないことを人にはしませんし。
自分自身がされたいことを人にする人なので。

僕は、そう言ったことをしてくれる人に。
好感を抱くのだろうか、と。

それは相手がこちらの魂を間引く人ではないからなのか。
それとも僕自身がその人と同質であって共鳴するからかは、よく分からないわけなのですが。

そんな人って、もしかしたら。
近くにいても苦痛ではないのかな、と。

ソリタリーの僕は、思ったりするのです。
別に、そんな伴侶みたいな人が欲しいわけではないですし。

誰かと一緒に暮らすなんて。
僕にとっては苦痛でしかないと以前に分かっては、いるので。

何となく、そんな仮想をしてみて。
シミュレーションをしてみるわけなのです。

別にそんな存在がいてもいいだろう、と。
いてほしいなぁと、思いつつ。

そんなことはHave to≠ナはないので。
どうぞご自由に、なんてMay≠ネ気持ちで思いつつ。

そんな投げやりでも思考を続けるなんて。
僕のWill≠ヘどこまでも強いんだよなぁって。

まぁ、そんなことは。
Can≠ノ近いくらいの確信を持った、戯言なのでした←
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

述懐

今月より、本業を。
塾講師から事務職へ、切り替えたこともあり。

全くの畑違いではないかと、言われることもあるのですが。
実際には、そうではないんだよなぁと思うのです。

僕のいる課は、数字を相手にすると言うよりも。
人を相手にすることのほうが多くある(思えば)特殊なところなので。

塾講師時代に築いたコミュニケーsyげふんげふんっ
……人の捌く力については、割と引き継げていますし。

あとは、大学受験で玉砕したときから悔しくて延長して行ってきた勉学の内容についても。
相手にする人達が人たちなので、けっこう使えるのですよ。

塾講師をしていたときは、すごく役に立てられたなぁと自負してはいたのですが。
まさか事務でも役に立てられるとは思わなんだ、と←

いや、実際にはけっこう使えるとは思っていましたし。
無駄なモノなんて一切ないとも思っていましたが……想定以上に、利活用できているので。

本当に、無駄なことをしてこなかったのだなぁと。
培ってきたモノをすぐに無駄なモノとしない癖を付けていた僕自身に感謝しつつ。

取り敢えず。
意外とセーブしておいたデータが機能してくれてよかったなぁと。

そう、思うのですよ。
今の仕事、かなり楽しいですし。

もう少しだけ、お給料が上がってくれればなぁとは思いますが。
福利厚生もしっかりしていますし、贅沢は言いますまい。

少しずつ、精神的にゆとりができてきて。
面白いと思えることに興味関心が、さらに向くようになってきたので。

もっと、これからも。
精進していくことができればーーなんて、思いつつ。

そんなのは。
僕次第、ですよね。
posted by バロック at 20:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする