ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年02月25日

アンビバレントな気持ちで

目を通せばあとは考えるだけ。
なんて、僕は思うのです。

その話をするために構成する材料が必要なので。
僕はただ、その必要最低条件を蒐集しているに過ぎないわけですが。

なぜか、それなしで考えようとして。
『自分には無理だった』と言う人がいます。

共通認識としての、見覚えすらないモノをどうやって想像で互換すると言うのかと。
そりゃ無理だろと、僕は不思議で仕方がないわけなのですが。

なんでだろう、と思います。
彼らはなぜ、必要最低条件を満たすこともせずに無理だと主張するのだろうと。

そして、これは個人的な経験則で申し訳ないのですが。
そう言った人ほど『(必要最低条件を満たしている人にも)どうせ無理』と言うのだろうと。

僕はそう言った人を見ていると。
やっぱりTwitterのオープン垢でツイートしようモノなら凍結されるだろうことを所感として、思わざるを得ないのです。

以前に、僕はその話を身内にしました。
僕は以前よりそう言った傾向があって、頭がおかしくなりそうになる……と。

泣かれました。
僕がそのときに思ったのは、少しの罪悪感と……してやったり、と言った多くのカタルシスだったのです。

あぁ、僕は外道だなぁ。
なんて、思いつつ。

量的なモノで言えば、スカッとしているようではあるのだけども。
少しの罪悪感のほうが質量があって、割に合わないんだよなぁとも思うので。

身内を泣かせてしまったのは、痛恨だったと。
正直にここで、吐露しておこうと。

そう思い、お話をしております。
あれから随分と日にちも経って、いま現在は落ち着いてきていますし。

頭の冷えた状況のほうが。
歪曲も少なめで、内省しやすいだろうと、思ったので。

本当に、悔やんでも悔やみきれないのですよ。
いちおう、いちばん近しい人を泣かせることは。

ただ、あの多くのカタルシス。
質としては薄っぺらく、ただどこか−−今まで付いていた大きな瘡蓋が綺麗に剥げてスッキリとしたかのような感触は拭いがたいんだよなぁ。

なんて思う僕は。
全く以って、御し難いと。

卑しい奴だなと。
前世でどんなスティグマを付けられたらここまで卑屈になるんだと。

思わざるを得ないのですが。
これを贖うために、いま現在の僕は、してはならないことを学んでいるのだろうかと。

いま、してはならないことではなくて。
来世、してはならないことについて、と。

……あぁ、魂は不滅だと言う根拠もなく確信していることがなければ楽なのにと。
そう思わずには、いられないのですが。

もしかしたらそれが、僕の根源を辿った際の罪のようなモノで。
僕はその罰を受けているのかもなぁ、なんて。

戯言、だったらいいのに(願望)。
いや、普段から思っていることなんですけども。もっと人に迷惑をかけずに生きられたらいいのに(希望)←
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

マニュアルとは

たまに、こんなことを思います。
もう少し、察しが悪ければいいのだけど……と。

こんなことも思います。
もっと、相手の言うことが理解できなければいいのに、と。

僕は、話の聞けない人。
もしくは、理解できないときに自らの常識に則ってオーダー通りに動けない人を。

−−マニュアル人間。
なんて、呼ぶわけですけども。

マニュアル人間同士であれば、話の齟齬がない場合があるのを。
彼らがあまりに多く存在するがゆえ目の当たりにする機会が多く。

大多数と会話が成立しないのは。
寧ろ僕が、マニュアル人間ではないからだよなぁと。

そう、思うわけでして。
その一因として、最初の4行ほどの仮定法を思い付くわけでして←

ですから実際、そうなりたいかと言えば。
別になりたいわけでも、ないんですよね。

ただ、その大多数はあまりにも大勢いて。
彼らとどうしても会話を続けなければならないときは、どうしても心身を蝕まれるかのようなストレスを感じるわけでして。

あぁ、困ったなぁと。
仮定法レベルで願うレベルだとしても、それくらいの感想を抱くことくらいは許してほしいと言いますか。

……なぜ、マニュアル人間になろうとしないか?
僕の友人は皆、マニュアル人間ではないのですよ。

あと、僕自身が嫌なのです。
マニュアル人間になることは、自らのリソースをナニモノにも還元することなく廃棄しているようで。

ですから、やっぱりこのままでいいや。
なんて思いつつ、これをイヤミではなく事実として理解してくださるのは……僕の友人だけ、と考えると。

逆説的ですが。
まぁ、いいのかもなぁと。

割と、僕の友人は多いですし。
顕在的にも……潜在的にも。

……え、だから何かって?
戯言なので、オチもヤマもないっすよ???←←←
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

ユグノーは囁く

これは、予約投稿された記事です。
ご了承くださいませ←

さてと。
このときの僕は、きちんと眠れているでしょうか。

たぶん、ほとんど眠れていません。
某か、持ち運びが楽な軽食を摘んで家に帰って。

それから、睡眠導入剤を服用し。
軽く入浴したかと、思うのですが。

いつも、何か誰かと約束したときは。
僕って、不眠になってしまうので。

きっと、こんなことを思って悶々としています。
誰とも接触せずに一生を始めて終えることができれば僕自身が乱されずにこの身を朽ちさせられるのに。

なんて。
すぐに打ち消しては、また浮かんで、消すんですけどね。

現職場の人間を思い出すたび。
脳裏に自らのパラレルワールドを作成して阿鼻叫喚の地獄絵図にして現実世界ではしないようにする、なんて。

そんな、生き地獄を選択するような僕ですから。
取り敢えず、ひと思いに楽になってほしいわけではありますが。

……え、なんで他人事かって?
いま現在書いている僕は、予約投稿している僕であって。

これが投稿されるときの現在進行形で眠ろうとしている僕とは、違うからです。
今の僕にとって未来の人であるその『僕』は……僕が生きていたからこその延長された人格だからと言っても。

一点いってんで、見ると。
今の僕と言うのは……最先端を行く未来の『僕』から見たら。

後ろを振り返った際に倒れている屍のようなモノ。
そう、いまの僕は思っているわけでして。

きっと、未来の『僕』も。
似たようなことを思っているんじゃないかなって−−つまり、何が言いたいかと言いますと。

いま、予約投稿している僕はそろそろ、お休みして。
未来の『僕』に、次を託そうと思うのですが。

いま、最先端を行く未来の『僕』は。
果たして、どのような点を構築し続け、次の点へ結ぶことでしょうか。

楽しみ、なんですけどね。
予約投稿している、未来の『僕』から言わせれば亡霊のような僕は、この辺で。

眠ると、しましょう。
おやすみなさい−−頑張ってね、未来の『僕』……やっぱり君はまだ、まっすぐ−−走れ。
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする