ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2017年09月26日

少しだけ、長くなります

最近、趣味界隈で。
途轍もなく、悲しいニュースが流れます。

『けものフレンズ』のたつき監督が、第2期の制作から外れるとか。
兼ねてから好きだった−−イラストレーターの優さんが、お亡くなりになったとか。

前者につきましては、怒りが沸きますし。
後者につきましては……えっと。

考えながら紡いでも。
違うなとか、あれおかしいなそう思ってない筈なのに……って、何度もバックスペースキィに触れてしまいます。

たぶん、前後者が重なったからと言うのもあるでしょうし。
『けものフレンズ』自体が好きだったので−−今回のたつき監督の降板も、かなり遺憾なのですが。

やはり、人の死と言うのは。
ズシリと、来るのですよ。

老若男女問わず。
やるべきことや、やりたいことを遺していくのは−−果たして、どれほど無念なことなのでしょうか。

僕には、やり切ったと言う感覚に乏しいところがあるので。
もっとなんかできた気がする、疲れていてもまだできることがあった気がする、何もかも上手くいってもこれはベターだったに決まってる……なんて、思うタイプです。

生者、死者問わず。
僕と同じ人なんていない筈なので−−この世からいなくなるときには、けろっとする人も多いのかもしれませんけども。

僕自身は、そうではないので。
そうだったんじゃないか……なんて、自分勝手に思うのです。

だとすれば、無念だなぁって。
僕にはやり切れない話だな……だから。

まだ、死ねないんだよなって。
この人の人生はここで終わってしまったけども−−僕はまだ、生きているんだよなぁって。

もっと、頑張らないとって。
そう思って、だんだんと前向きになってきて−−これが、不思議なモノで。

少しだけ、申し訳なくなってくるのです。
僕は死者をも利用してしまっているのだろうか、と。

本当に、物は考えようなのかもしれないな、と。
僕は『ありがとう』よりも『ごめんなさい』と言う言葉のほうが出易いし、そう言う思考なんだな−−そんなに僕は、罪深い存在なのかな、と。

色々と、考えてしまいますね。
あぁ……本当に、まだやりたいことがあっただろうに。

生きたまま、制作から外れたら−−それは、戻ってこられないモノでしょうか。
戻ってこられないなんて−−なのに第1期で担当した作品が第2期では自分自身なしで続くなんて−−そんなの。

今まで生きていた世界から、外れてしまった死者のようで。
−−嗚呼。

こんなに考えてしまうのは、偏に悲しい話を見聞きしたからで。
僕にとってはノイズで余計な情報の筈、なのですが。

不思議と、そうならないと思考しない領域でもあって。
生まれてこのかた、『生と死』についてずっと考えてきた人なので。

停滞していた思考を動かすきっかけが来ること自体。
本来ならば、歓迎すべきこと−−とは、倫理観を放棄すれば言うことも不可能ではないのですが。

そんなモノは、死生観についてずっと考え続ける僕にはできないのですよ。
思考ゲームならまだしも−−実際に、人が今まで生きて、外されて、未練を残し、死ぬのですから。

ただただ……うん。
前者については、本当に残念ですし遺憾ですし−−怒りすら、沸くのですが。

もう少し、様子を見ることができるかもしれません。
ファンの方々が、YouTubeに抗議用のコラ動画を投稿し始めているようなので−−奇跡が起これば、戻ってくるかも。

それを、見守ることにします。
僕自身は、そちらを選びます。

では、後者については。
−−こう言っては、おかしいでしょうか。

感謝、しているのです。
優しい絵が大好きでしたし−−癒されも、しましたし。

旅立たれたのは、残念で仕方ありませんし。
もっと絵を見ていたかったですし−−どれだけ無念だっただろうと、変な邪推すらしてしまうわけですけども。

実際に、見ているときは和みましたし。
僕にも人らしい感情があったんだなと−−再確認できたので。

本当に。
今まで、ありがとうございました−−と、伝えたいです。

ご冥福を、お祈りいたします。
−−嗚呼、お疲れ様でした。
posted by バロック at 03:11 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

たまには読書案内を簡単に

さてと、急いで更新を。
最近、『約束のネバーランド』を読み始めました。

基本、頭の巡りがいい人ないしいい子ばかりなので。
シリアス展開やときたま来るギャグパートなんかにも、引き込まれていける作品だなぁと。

あぁ、これは面白いなぁと。
ネタバレをしない主義なので、あんまり中身は言わないのですけども←

一人ひとりが主体的に独立して思考しているような作品なので。
読んでいて、それぞれの心理描写や伏線を考えながら読めるのもあって。

頭を使って読むことができるので。
少年漫画としては、久々に当たりなのかも……なんて。

けっこう、オススメですよ。
『約束のネバーランド』って−−あぁ、急いでいるからアフィリリンクなんて貼れない←

ではでは。
お仕事に行ってきますっ
posted by バロック at 16:21 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

ほわっつはぷん

昨日は、同居人が不在だったので。
けっこう、のびのびできました。

お肉屋さんから、サイコロステーキを購入したり。
それを家に持ち帰ってから、じっくりと焼いたり。

キャベツの千切りを、『これでもかっ』と言うくらい刻んだり。
大根を摩り下ろして、いらない汁をずっとジュースがわりに飲んでいたり←

まぁ、別のスーパーに出向いたときに。
間違えてキャッシュオンリーのレジに並んでしまって。

クレジットカードを出しておいたのに挿入口がないことで10秒ほどパニクると言う。
なんだか阿呆なことを、やらかしたりもしたのですけども。

取り敢えず、楽しく過ごすことができました。
あー、楽しかった。

……。
………………また同居人がいなくならないかなぁ←
posted by バロック at 00:09 | Comment(0) | 黒事実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする