ルーン使いの言の葉

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

2018年01月20日

後悔反省行動達成

前回のブログ記事で。
反省はしているけども後悔はしていない、と言うお話をしましたね。

それで、思い出したことがあるのです。
あれは、僕が講師業をしているときの生徒の話なのですが。

反省はしているけども後悔はしていないって、どう言う意味だろうと。
僕は、その子に訊いたんですよね。

上手く、答えられなかったので。
これは僕の持論だけども、と言う前置きとともにこう伝えました。

悔やんだ後に、『じゃあこうしよう』と考えたってことかなぁ……と。
だから後悔なくして反省はなく、後悔を材料にして反省を合成した感じだと僕は思っているよ……有機物を燃焼させて二酸化炭素と水になるような……と。

もちろん、原義通りとは言えないですが。
僕にとって、『反省はしているけども後悔はしていない』とはそんな意味だと思うのですよ。

ですから、序でのごとく。
その子には、それが当たり前のことなのかもね……とも、伝えました。

反省した通りに、行動できる人が。
偉い人なのかなぁって、僕は思うんだよー……なんて。

あくまで僕個人の意見だけどね、なんて。
言いつつも、いま思えば押し付けっぽかったかなぁと反省しているところだったりします←

考えの押し付けにならないように伝えると言うのは。
いつまで経っても、難しいままなんですよね。

じゃあ、どうやって伝えるべきか。
そのために何を、するか。

それを吟味しながら、再度。
改めて、伝えかたを考えていこうと。

そう、思ったので。
このブログ記事を書き終わり次第……うん、始めてみようと思いますよ。

さてと。
皆さんはーーあなたは、反省後に行動できていますか?

僕は、ふとした瞬間に怠りそうになります。
もっと、頑張らないとですね。
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

神の食べ物ゲットだぜ

95%チョコレートを箱買いしました。
反省はしていますが、後悔はしていません←

もともと、チョコレートが好きなのですが。
甘いチョコレートばかり手に入るので、糖質制限をしている僕にとっては。

少し、困りモノだったのですよ。
いや、甘いモノも好きなんですけども←

そもそも、糖質制限をし始めたのは。
存分に甘いモノを食べても、精神失調が起こらないように……と、言う目的があってのことなのです。

甘いモノは、食べている間は幸せですし。
適量だと、その後の活動の原動力にもなるのですけども。

少しでも多く摂ると。
すごくイライラしてくるんですよね……眠くも、なりますし。

それに、四肢が震えてもくるんです。
こればっかりは糖尿を疑うこともあるのですがーー採尿の値は、正常らしく。

よく分からないモノなのです。
なんでや、と←

で、話を戻しますね。
95%のチョコレートの話。

別に、甘いチョコレートも好きなのです。
ただ、それだと馬鹿喰いすることは目に見えていますし……高カカオのチョコレートも、大好物なので。

じゃあ、いいかと。
適度に食べにくいので、食べる量も調節しやすいですし、おすし←

……これでも、セーブしたほうなんです。
300gのほうを購入したのですが。

1kgほどのモノを購入するかで、迷ったのですから。
ですが、食べ切る前に暖かい季節にならないかな……と、思いまして←

ですから。
300gの高カカオチョコレートで様子を見て。

その消化量によって、判断しようかなと。
1kgを、購入するか否かを。

……まぁ、購入しなくていいならそのほうが。
僕、金欠ですしおすし(チーン
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

ムレータが靡く

ふと、思うことがあって。
きっと、人が正気でいられるために必要な条件は。

自他ともに自らが必要とされていると言う実感。
なのだろう、と。

よく、それを『世界公平感』とか言いますけども。
世界ってなんだろうとか、公平とはなんだろうとか考えていたら。

そう、思うわけでして。
自分自身はこの世界に必要であるし、世界も自分自身を必要としてくれる人がいるだろうと。

世界が自分自身を必要としなくても。
誰かに『君の代わりはいくらでもいる』と言われても。

それは別の人も同じことを言われていて。
そこに自分が入る可能性も大いにあることを考えるに。

代替可能だからこそ、自らはどこにでも必要とされていて。
必要とし、必要とされる場所に行く権利があるのだとーーそう、思うわけなのですよ。

代わりがある、と言うのは。
その役割を担う人ではなく、その人自身ではないと言うことを。

ここ最近は、よく思うのです。
席が空いた際に、すんなりと席取りができればそれでいいのではないだろうかと。

ふと、色んなことを思うわけですが。
つまり、悲観的になるだけ自ら袋小路に嵌る業となるので。

じゃあどうしたいか。
では、何をするか……と考えたほうが、指針も立つし生産的だなって思うのですよ。

それを見失うと、錯覚するんだと思うのです。
誰からも必要とされていないし、自分は価値のない人間だと。

しかも、その人が死にたがりであれば。
どんな凶行に駆り立てられる、ことでしょう。

それが誰のせいか、と言えば。
実行したその人のせいなのか……それとも、と。

まぁ、そんな妄言は。
以前に自他ともに必要とされていないと思い込みつつ凶行に及ぶことをせずに自らを傷付けることを選んだ過去の自分を慰めようとするだけの、戯言なんですけどね←
posted by バロック at 00:00 | Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする